コラム4:広告表現の違反判断~化粧品・医薬部外品の製造販売許可など薬事法申請ご相談・代行|わかば行政書士法務事務所


医薬部外品の製造販売や輸入等の薬事法に関する許可申請のアドバイス、完全代行を承ります。薬剤師免許のある女性行政書士が対応いたします。お問い合わせはこちら

TOPTOP輸入販売申請輸入販売申請製造販売申請製造販売申請お客様の声お客様の声ご挨拶・プロフィールご挨拶・プロフィール料金案内料金案内よくある質問よくある質問事務所情報事務所情報

広告表現の違反判断

薬事法に関する広告表現の違反判断はどう判断されるのか


化粧品や医薬部外品と切っても切れないのが、広告表現の問題です。

インターネットでの取り扱いが一般的になった昨今、
たとえば「ダイエット食品で痩せるとは表現できない」などは、
広告表現として不適切であることはよく知られるようになりました。

広告表現については厳密には、
商品パッケージの表記や印刷物、書籍やビデオの演出、口頭の説明など、
まで含まれますのでご注意ください。

しかしグレーゾーンが多く、どういう基準で違反か適法かが決まるか、
よくわからないのもまた実情です。

たとえば、

「エイジングケア」は問題なくても、「アンチエイジング」は不適切。
「うるおい成分アロエエキスを配合」は良くても、
「アロエエキスを配合した化粧水」は不適切であるなどとても曖昧です。

最近のダイエット食品の違反標ぼう例をご紹介しますと、

(例)
×L-カルニチンの力で脂肪を燃焼(身体の構造や機能に影響を及ぼす言葉はダメ)
×摂取したカロリーの消費がアップ(同上)
×代謝の活性化(同上)
×飲むだけで痩せる(医薬品の範疇)
×むくみも解消(むくみは浮腫など想像させ疾病の解消と捉えられる)

などが不適切であると指導されました。

いったん広告表現について指導が入りますと、
商品回収から広告物、ホームページなどの差替えなど、
全面的な対応が必要となってまいります。

広告表現の是非は慎重に取り扱いたいですね。

当事務所で広告表現が適切かどうかを判断させていただくこともできますので、
もしもご不安のある方はご相談ください。

もちろん先述のように広告表現にはグレーゾーンも多く存在するため、
絶対に問題が発生しないとお約束できるわけではありませんが、
実際に指導が入った場合にも迅速に対応することができます。

もしも広告表現でご不安ある方がいらっしゃれば、お気軽にご相談ください。

代表者プロフィール わかば行政書士法務事務所 代表:大塚真紀子 資格:行政書士/薬剤師/AFP 薬事法に係る許可申請、医療法人・薬局等の設立許可申請ならお任せ下さい。行政書士、薬剤師の資格の両面から、許可申請をサポートいたします。
わかば行政書士法務事務所
代表:大塚真紀子
資格:行政書士/薬剤師/AFP
薬事法に係る許可申請、医療法人・薬局等の設立許可申請ならお任せ下さい。行政書士、薬剤師の資格の両面から、許可申請をサポートいたします
ご挨拶・プロフィールについて

お気軽にお問い合わせ下さい

03-6324-6594 受付:10:00〜18:00/土日祝休 担当:大塚(おおつか)まで

受付:10:00〜18:00/土日祝休
担当:大塚(おおつか)まで

お問い合わせはこちら

対応地域
品川区荏原,品川区大井,品川区大崎, 品川区勝島,品川区上大崎,品川区 北品川,品川区小山,品川区小山台, 品川区戸越,品川区中延,品川区 西大井,品川区西五反田,品川区 西品川,品川区西中延,品川区旗の台, 品川区東大井,品川区東五反田, 品川区東品川,品川区東中延,品川区 東八潮,品川区平塚,品川区広町, 品川区二葉,品川区南大井,品川区 南品川,品川区八潮,品川区豊町 他、東京23区および都下、神奈川県、千葉県、埼玉県全域

品川区荏原、品川区大井、品川区大崎、品川区勝島、品川区上大崎、品川区北品川、品川区小山、品川区小山台、品川区戸越、品川区中延、品川区西大井、品川区西五反田、品川区西品川、品川区西中延、品川区旗の台、品川区東大井、品川区東五反田、品川区東品川、品川区東中延、品川区東八潮、品川区平塚、品川区広町、品川区二葉、品川区南大井、品川区南品川、品川区八潮、品川区豊町


他、東京23区および都下、神奈川県、千葉県、埼玉県全域